NEWSおしらせ

  • TOP
  • おしらせ
  • 【IoT関連】広島県・福山市様  "実証実験まるごとサポート事業" 「IoTを活用したデータに基づく害獣対策」の実証実験を開始致しました。

2021.01.29

【IoT関連】広島県・福山市様  ”実証実験まるごとサポート事業” 「IoTを活用したデータに基づく害獣対策」の実証実験を開始致しました。

令和2年10月17日付けで広島県・福山市様 ”実証実験まるごとサポート事業” で支援決定頂いていた「IoTを活用した出没検知センサー及びダッシュボードシステムによるデータに基づいた害獣対策」の実証がスタート致しました。実証期間は、令和3年1月24日(日)~令和3年3月31日(水)迄です。実証実験のフィールドは、福山市の住宅街にある蔵王山周辺です。蔵王山周辺では、イノシシによる農作物への被害はもとより、地域住民の方々への人的被害、交通被害が増加してきています。捕獲班の出動率は、昨年の倍以上となっており、且つ害獣対策に取り組まれている方々の高齢化による減少が進んでいる現実があります。今回の実証実験は、従来人の活動によって生成されてきた捕獲成果を、IoTソリューションによって得られたデータを活用することによって効率化するとともに、捕獲数及び率のアップを目指すものです。

蔵王山周辺8か所に設置された赤外線センサー(出没検知センサー)は、イノシシなど鳥獣を感知するもので、日時や場所のほか、天候や気温も記録してデータ化します。また住民や猟友会の方々の目撃情報も集約して、蓄積されたイノシシ出没情報の「見える化」を図り効果的な捕獲につなげて参ります。

当社は、今回の実証事業を契機に福山市様における害獣対策の一助となるべく全力で取り組んで参る所存です。

<ご参考>福山市・先端技術推進室様ホームページ https://www.city.fukuyama.hiroshima.jp/soshiki/sentan/209236.html