NEWSおしらせ

  • TOP
  • おしらせ
  • 【IoT関連】徳島県『IoT利活用による集落機能維持モデル構築業務』の委託事業が完了致しました

2020.03.31

【IoT関連】徳島県『IoT利活用による集落機能維持モデル構築業務』の委託事業が完了致しました

 集落の機能維持・継続していく為には、様々な課題があり、一つを解決しても解決には至らないことが多々あるかと思います。

 今般、徳島県より『IoT利活用による集落機能維持モデル構築業務』を委託されることを受け、有害鳥獣対策にテーマを絞り課題解決に向け実証実験を取り組ん参りました。結果、無事委託事業が完了したことをご案内致します。この事業を取り組むうえで、三好市・産業観光部・農業振興課様の多大なるご協力をいただき、推進できたことに厚く御礼申し上げます。

 三好市様においては、行政並びに猟友会の皆様の尽力のもと有害鳥獣の捕獲にあたっておられますが、1)人的・収穫物等への被害拡大、2)猟友会の皆様の高年齢化による生産性の低下、3)猟友会の皆様における相当な手間とコスト増といった課題が浮き彫りとなっています。

 こういった課題解決を図るべく、とくしまIoTプラットフォームを活用し、少額の初期投資(有害鳥獣捕獲監視センサー)と少額のランニングコスト(通信費用)でソリューションを確立し、行政の皆様及び猟友会の皆様の負荷を低減、効率をアップさせ、有害鳥獣よりの被害を削減することにより集落機能を維持していくことを実現することとしています。

 弊社としては、改善するべき点がありますので早期に解決し、集落の皆様はもとより地域社会の皆様へ貢献できる様、取り組んで参る所存です。